2009年6月の記事

このページには、2009年6月に書かれた記事の概要が新しい順に記されています。

次は2009年7月の記事です。

富士通が電源装置に使用出来る窒化ガリウムを使用した電力損失の少ないトランジスタの開発に成功した。 記事の全文を読む

大阪大が核融合発電に必要な点火技術の「衝撃点火」の実証実験に成功した。他の方法に比べシンプルなので、実用化されやすいのではないだろうか。 記事の全文を読む

政府は国際エネルギー機関(IEA)と活動が重複するとして加盟を見送っていた国際再生可能エネルギー機関(IRENA)に加盟する事を決定した。もっと早くに加盟の活動を行っていたら本部事務局も誘致出来たかも知れず、決定の遅れが残念だ。 記事の全文を読む

補正予算も通り、7月1日からエコポイントの交換申請が出来るようになった。 記事の全文を読む

麻生首相は6月10日、官邸で温室効果ガス削減の中期目標を2005年比で-15%とする事を発表した。 記事の全文を読む

日本の有権者の6割が温室効果ガス削減の中期目標は25%以上必要とWWFがまとめた。だが、この目標を実現するのは非常に困難だ。有権者の6割が指示する案だが、果たしてその中身をどこまで承知しているのか疑問だ。 記事の全文を読む


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja