トップ > 省エネ関連ニュース

温室効果ガスの削減中期目標、2005年比で-15%と麻生首相発表

| コメント(0) | トラックバック(0)

麻生首相は6月10日夕方官邸で記者会見を開き、温室効果ガス削減の2020年中期目標を2005年比で-15%とする事を発表した。

麻生太郎首相は10日、官邸で記者会見し、2020年までの日本の温室効果ガス削減の中期目標を「05年比15%減(1990年比8%減)」とすることを発表した。海外との排出量取引分などを含めず、太陽光発電を現状の20倍にすることなど国内での削減努力で達成を図る。欧米の目標よりやや踏み込み、国際交渉を有利に進める考えだ。

首相は今回の目標について、欧州連合(EU)が同13%減、米国が同14%減であることに触れ「国際的に見ても欧米の中期目標を上回る」と指摘、世界の交渉でのリーダーシップを取る意思を示した。その上で「経済危機の中でも対策の手を緩めてはならない。一歩前に出て倍の努力を」と決意を述べた。

北海道新聞2009年6月11日朝刊1面から一部引用

欧米から発表が遅れたが、政府が温室効果ガス削減に向けての中期目標を発表した。

麻生首相の記者会見の様子(動画)はこちらから

2005年比-15%というのは1990年比では-8%となる。この数字は京都議定書の2012年で-6%と比べるとほんの少しだけの削減だが、2007年の実績ですでに+7.7%増となっている現状からすると、相当に実現が厳しい数字だ。
しかも、開発途上国はこれ以上の大幅な削減を求めてきているので、COP15での交渉でどうなるのか気になるところだ。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja