2009年9月の記事

このページには、2009年9月に書かれた記事の概要が新しい順に記されています。

前は2009年8月の記事です。 次は2009年10月の記事です。

民生部門の業務部門のエネルギー消費は他部門と比較し増加の一途です。業務部門は9業種に分けられており、上位3つの事務所・ビル、卸・小売、その他 サービスで50%以上を消費しています。 記事の全文を読む

民生部門のエネルギー消費量はオイルショックの影響はあまり受けず、ほぼ一貫して増加しています。全国内消費エネルギーは1995年以降横ばいなのに、民生部門は増加の一途です。 記事の全文を読む

アサヒビールが従来の数十分の一でバイオ燃料を製造できる技術を開発した。これが実用化されれば食品を材料とする事なく廉価でバイオ燃料を製造できる。早期に実用化してもらいたい。 記事の全文を読む

国内の部門別消費エネルギーは合計すると1995年以降増加が緩やかになったが、部門別に見ると民生部門の伸びが著しく、省エネの障害となっている。 記事の全文を読む

日本は原油をほぼ100%輸入に頼っていますが、原油価格は1973年のオイルショック後価格変動が激しく、安定していません。 記事の全文を読む

平成10年度から会社やNPOが小水力発電を設置する際に補助金が出るようになった。大規模な水力発電は設置場所が限られるが、河川の高低差を利用するような小規模の水力発電はまだまだ設置の余地がある。クリーンなエネルギーであるので、普及が進むことを望む。 記事の全文を読む

パナソニック電工が三井住友ファイナンスリース株式会社と協同で、初期投資なしで省エネ照明を設置できる「あかりEサポート」を開始する。初期投資のかかる照明のLED化の普及に役立つだろう。 記事の全文を読む

世界の一次エネルギー供給量を地域別に見ると、経済成長の著しいアジア太平洋地域の伸びが大きくなっています。 記事の全文を読む

日本の一次エネルギー供給量は、オイルショック後石油の割合が低下しましたが、依然として44%と多く、非常に偏っています。 記事の全文を読む

経済産業省令で定める石油製品は、ナフサ、灯油、軽油などで、石炭製品は、コールタール、コークス炉ガスなどで、用途は燃焼と燃料電池による発電です。石油が原料でも廃プラスチックは石油製品に含まれません。木材やバイオマスも燃料に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で燃料とは、石油製品、可燃性天然ガス、石炭製品とあるので、水力発電で使う水、原子力発電用のウランなどは含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で電気は、燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気、と定義されています。このため、燃料を使用しない地熱発電や太陽光発電、熱を使わない水力発電で得られた電気は、省エネ法では電気に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で熱は、燃料を熱源とする熱、と定義されています。このため、最初から熱の状態で存在する地熱から得られた熱は、省エネ法では熱に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で定義されているエネルギーとは、燃料、熱、電気をいいます。熱は燃料を熱源として出したもので、電気は熱を変換して得られる動力から作り出したものをいいます。従って、風力や太陽光、地熱から作り出した電気などはエネルギーに含まれません。 記事の全文を読む


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja