トップ > 省エネ関連法律

省エネ法のエネルギーの定義

| コメント(0) | トラックバック(0)

省エネ法でエネルギーとは、燃料、熱、電気の3種類を指します。

省エネ法で扱うエネルギーの定義は第1章:総則、第2条:定義に述べられています。
<引用:総務省、法令データ提供システムエネルギーの使用の合理化に関する法律

第2条
この法律において「エネルギー」とは、燃料並びに熱(燃料を熱源とする熱に代えて使用される熱であつて政令で定めるものを除く。以下同じ。)及び電気(燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気に代えて使用される電気であつて政令で定めるものを除く。以下同じ。)をいう。

この定義から、燃料を熱源としない地熱や太陽熱から得られた熱、自然エネルギーの風力や太陽光を使って発電された電気は、省エネ法ではエネルギーに含まれません。

エネルギー管理士試験の出題例

この省エネ法のエネルギーの定義からは、いくつかのキーワードを埋める問題が出題されます。
以下のような文言が空白になっています。(空白部分にマウスを持っていくと表示されます)

この法律において「エネルギー」とは、燃料並びに熱(燃料を熱源とする熱に代えて使用される熱であつて政令で定めるものを除く。以下同じ。)及び電気(燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気に代えて使用される電気であつて政令で定めるものを除く。以下同じ。)をいう。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/32

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja