トップ > 省エネ関連法律

省エネ法で電気とは何か?

| コメント(0) | トラックバック(0)

省エネ法では、電気は燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られるものと定義されています。

そして電気は省エネ施行令第1条、第2項で次のように定められています。

法第二条第一項 の政令で定める電気は、燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気に代えて使用される電気のみを発生させる発電設備から発生する電気であつて、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
一  当該電気を発生させた者が自ら使用するものであること。
二  当該電気のみを供給する者から当該電気の供給を受けた者が使用するものであること。

燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気、とあるので、燃料を使わない地熱発電や風力発電、太陽光発電から得られた電気は含まれません。
また、熱を使わない水力発電で発電された電気も省エネ法では含まれません。

エネルギー管理士試験の出題例

この電気の定義からは、いくつかのキーワードを埋める問題が出題されます。
以下のような文言が空白になっています。(空白部分にマウスを持っていくと表示されます)

法第二条第一項 の政令で定める電気は、燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気に代えて使用される電気のみを発生させる発電設備から発生する電気であつて、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
一  当該電気を発生させた者が自ら使用するものであること。
二  当該電気のみを供給する者から当該電気の供給を受けた者が使用するものであること。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/34

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja