トップ > 省エネ関連法律

省エネ法の燃料の定義

| コメント(0) | トラックバック(0)

省エネ法で扱う燃料の定義は第1章:総則、第2条:定義に述べられています。
<引用:総務省、法令データ提供システムエネルギーの使用の合理化に関する法律

第2条
2  この法律において「燃料」とは、原油及び揮発油、重油その他経済産業省令で定める石油製品、可燃性天然ガス並びに石炭及びコークスその他経済産業省令で定める石炭製品であつて、燃焼その他の経済産業省令で定める用途に供するものをいう。

燃料は、石油製品、可燃性天然ガス、石炭製品とあるので、水力発電で使う水、原子力発電用のウランなどは含まれません。

エネルギー管理士試験の出題例

この省エネ法の燃料の定義からは、いくつかのキーワードを埋める問題が出題されます。
以下のような文言が空白になっています。(空白部分にマウスを持っていくと表示されます)

この法律において「燃料」とは、原油及び揮発油、重油その他経済産業省令で定める石油製品、可燃性天然ガス並びに石炭及びコークスその他経済産業省令で定める石炭製品であつて、燃焼その他の経済産業省令で定める用途に供するものをいう。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja