2009年10月の記事

このページには、2009年10月に書かれた記事の概要が新しい順に記されています。

前は2009年9月の記事です。 次は2009年11月の記事です。

太陽光発電により余った電力の新たな買い取り価格が始まるが、営業トークが先行したトラブルも増えてきている。買う側の消費者もその仕組みをよく理解する必要がある。 記事の全文を読む

東京モーターショーでは国内各社エコカーの試作車が登場し、環境技術でしのぎを削っている。今回のモーターショーは海外メーカーの辞退で出展社数が半減したが、次世代の環境対応車をめぐり、日本メーカーの出展が目立った。 記事の全文を読む

ダイハツが東京モーターショーで車体の軽量化で1リットル当たり30kmの燃費を実現したコンセプトカー、イースを発表した。2、3年以内には発売するとしている。せっかく軽量な軽自動車にバッテリーを載せるのはナンセンスだ。ダイハツにはこの取り組みを広げてもらいたい。 記事の全文を読む

札幌の西区発寒でLED街灯の実証実験が始まった。地元住民の反応は上々で、他地区でも導入が進みそうだ。 記事の全文を読む

カタール航空が、天然ガスからつくった新燃料「GTLジェット燃料」を使った旅客機を世界で初めて商業運航した。燃料を単一の原料から作っていると、特定資源が枯渇する可能性がある。他の原料と組み合わせるこの技術は、燃料資源の延命につながるのではないだろうか。 記事の全文を読む

家庭のエネルギー源の推移を見ると、家電製品の普及により電気の割合が大きくなってきました。この傾向はオール電化住宅の普及などにより、今後も続くものと思われます。 記事の全文を読む

家庭での消費エネルギーは、世帯あたりでは1990年以降ほぼ横ばいになっています。用途別に見ると厨房の割合が減少し、動力照明が増加しています。 記事の全文を読む

この内装材はすでに建っている住宅にも簡単に改修工事が出来そうだ。冬の省エネ効果も高いようであるので、早期の実用化を望むところだ。 記事の全文を読む

北海道電力は12月から苫小牧火力発電所で重原油と天然ガスの混焼で発電を始めた。重原油の使用量は7%削減できる。 記事の全文を読む

民生部門の家庭部門は、世帯数が増え続けているのに全体として消費エネルギーは1990年頃から横ばいです。これは家電製品の省エネが進んだものと思われます。 記事の全文を読む


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja