トップ > 日本のエネルギー情勢

家庭のエネルギー消費量

| コメント(0) | トラックバック(0)

家庭でのエネルギー消費量は2007年度で2,135ペタジュール(ペタは10の15乗)となっています。
1995年以前と比較すると、最近の消費量の増加は鈍くなっています。

グラフは2009年エネルギー白書から作成。
Googleドキュメントの元データはこちらです。

家庭での消費エネルギー量の伸びが鈍くなった原因は、家庭用機器のエネルギー消費効率が大幅に向上したことが考えられます。

家庭での消費エネルギー
家庭での消費エネルギー、単位はペタジュール(ペタ:10の15乗)

最近は消費エネルギーの増加が鈍くなってきた

家庭での消費エネルギーの増加率は1995年以降前年とほぼ変わらず推移しています。

前年比家庭の消費エネルギー伸び率
前年比の家庭の消費エネルギー割合。近年伸び率の上昇が止まった。

世帯数は一貫して増加していますが、世帯あたりのエネルギー消費がほぼ横ばいか、前年割れしてきているからです。
これは家電類の省エネ性能の向上が寄与しているようです。
このために家庭部門での消費エネルギーの伸びが鈍くなったようです。
Googleドキュメントの元データはこちらです。

世帯数
一貫して伸びている世帯数

世帯あたりの消費エネルギー
1990年頃からほぼ一定の世帯あたりの消費エネルギー

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/50

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja