2009年12月の記事

このページには、2009年12月に書かれた記事の概要が新しい順に記されています。

前は2009年11月の記事です。 次は2010年1月の記事です。

コカ・コーラがペットボトルの材料に植物由来の原料を使うことにした。現時点ではペットボトルの30%が植物由来になるが、将来的には100%を目指す。便利なペットボトルであるが、原材料は石油だ。他社にもこの取り組みが広まることを期待したい。 記事の全文を読む

電化製品でできる省エネ対策ではまず待機電力の削減だろう。新しい製品では待機電力は相当に小さくなったが、古い機器では以外と消費している。 記事の全文を読む

家庭での省エネはまず最初に現状がどうなっているのか調べるのが大切だ。電気、ガス、灯油などを毎月どれほど使用しているのか調べよう。それから無駄を省き、最後に省エネ機器に交換すべきだ。無駄を省かずにいきなり省エネ機器を購入しても過大な買い物になってしまう。 記事の全文を読む

鹿追町が乳牛のふん尿から生産したメタンガスを燃料にした公用車の運用を開始した。この公用車はガソリンとメタンガス両方で走らせることができる。それまでは発電用燃料としてメタンガスを利用していたが、燃料として利用した方が経済性が高まるとしている。 記事の全文を読む


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja