トップ > 家庭の省エネ

液体洗剤ですすぎ回数を減し節水

| コメント(0) | トラックバック(0)

洗濯のすすぎが1回で済むという液体洗剤が発売されてそろそろ半年が経つ。花王のアタックNeoライオンのトップナノックスだ。
ようやく自宅の粉末洗剤が無くなったので、花王のアタックNeoを購入しどの程度節水になるか試してみた。
洗濯機はちょっと古い縦型1槽式で、洗濯の量は2.5kgで水位はカタログによると51リットルだ。
単純に考えると、洗濯1回とすすぎ2回では153リットルの水を使い、これがすすぎ1回になると102リットルになるはずだ。

結果は2回すすぎの場合、163リットルの水を使用し、1回すすぎだと109リットルとなった。ほぼ予想通りの節水となった。
節水もそうだが、すすぎの時間が1回減った分洗濯時間も減ったので、消費電力も減ったと思う。
今回は消費電力まで頭が回らず測定しなかったが、次回は電力も測定しようと思う。

汚れの落ち具合は調べる手だてがないが、粉末洗剤との違いは見つけられなかった。
ただ、アタックNeoは『気分爽やかアクアソープの香り』と銘打っており、洗濯直後はちょっと香りが気になった。嫌な香りではないが、この辺りは個人的に感じ方が異なるので、香りを気にする方はナノックスの法が良いかもしれない。
アタックNeoが無くなったらナノックスを試すつもりだ。

日本の水は品質、量ともかなり恵まれていると思う。そのまま飲料にしても問題ない水を一度の洗濯で100リットル以上も使うのはもったいない気がする。
このすすぎが1回で済む液体洗剤は水資源を大切にするという側面からも間違いなく良いことだろう。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/95

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja