トップ > 家庭の省エネ

家庭用電力ピークシフトには新エネルギー開発のPOWER SOURCEがいいかも

| コメント(1) | トラックバック(0)

全原発停止で家庭でも消費電力のピークシフトが求められるようになってきた。
そのためには、消費電力がピークを迎える時間帯に自家発電するか、バッテリーから給電するかしかない。

自家発電の機器としては都市ガスなどを利用したエネファームがあるが、設備全体で見るとまだまだ大型で、マンションなどの集合住宅では、個人宅で利用するには無理がある。
しかも補助金が出るとは言ってもまだまだ200万円台で高価である。

次の候補としては、夜間や太陽光発電でバッテリーに充電して、昼間それを利用するのものだ。
このような機器として期待できるのが札幌のベンチャー企業新エネルギー開発POWER SOURCEだ。

このPOWER SOURCEの特徴は、充電する電力が家庭のコンセントと、太陽光パネルの両方が使える点だ。
夜間コンセントから充電しても良いし、日中太陽光パネルから充電もできる。この太陽光パネルは戸建て住宅用の大型のものではなく、マンションなどのベランダにも設置できる小型のものだ。
ベランダに固定するのではないので、共用部分に設置しても規約上問題にはならないだろう。

一番のポイントは価格が安い点だ。
小型のNED-MG-250で、太陽光パネル1枚と蓄電容量670Wh(インバータ出力250VA)のセットで268,000円だ。大型のNED-MG-700(インバータ出力700VA)で468,000円だ。
この低価格を実現できたのは、バッテリーに高性能だが高価なリチウムイオンでなく、自分でも交換できる鉛電池を使用しているからだ。
リチウムイオン電池を使った家庭用充電装置は補助金が出るが、設備も指定されており、補助金が出たとしても高価なシステムしかない。

ピークシフト、あるいは計画停電時に補助的に使用すると考えれば、新エネルギー開発のPOWER SOURCEは十分検討に値するのではないだろうか。

この画面の上へ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.save-energy.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/117

コメント(1)

はじめまして、気づくのが大変遅くなりましたが弊社商品POWER SOURCEの御紹介ありがとうございます。このブログをツイッターで紹介したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントする


amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja