省エネ関連法律

省エネ関連の法律(エネルギーの使用の合理化に関する法律)についてまとめました。エネルギー管理士の資格取得の参考にどうぞ。

経済産業省令で定める石油製品は、ナフサ、灯油、軽油などで、石炭製品は、コールタール、コークス炉ガスなどで、用途は燃焼と燃料電池による発電です。石油が原料でも廃プラスチックは石油製品に含まれません。木材やバイオマスも燃料に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で燃料とは、石油製品、可燃性天然ガス、石炭製品とあるので、水力発電で使う水、原子力発電用のウランなどは含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で電気は、燃料を熱源とする熱を変換して得られる動力を変換して得られる電気、と定義されています。このため、燃料を使用しない地熱発電や太陽光発電、熱を使わない水力発電で得られた電気は、省エネ法では電気に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で熱は、燃料を熱源とする熱、と定義されています。このため、最初から熱の状態で存在する地熱から得られた熱は、省エネ法では熱に含まれません。 記事の全文を読む

省エネ法で定義されているエネルギーとは、燃料、熱、電気をいいます。熱は燃料を熱源として出したもので、電気は熱を変換して得られる動力から作り出したものをいいます。従って、風力や太陽光、地熱から作り出した電気などはエネルギーに含まれません。 記事の全文を読む

1  2

amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja