省エネ関連ニュース

目についた省エネ関連のニュースを取り上げます。

北海道電力は12月から苫小牧火力発電所で重原油と天然ガスの混焼で発電を始めた。重原油の使用量は7%削減できる。 記事の全文を読む

アサヒビールが従来の数十分の一でバイオ燃料を製造できる技術を開発した。これが実用化されれば食品を材料とする事なく廉価でバイオ燃料を製造できる。早期に実用化してもらいたい。 記事の全文を読む

平成10年度から会社やNPOが小水力発電を設置する際に補助金が出るようになった。大規模な水力発電は設置場所が限られるが、河川の高低差を利用するような小規模の水力発電はまだまだ設置の余地がある。クリーンなエネルギーであるので、普及が進むことを望む。 記事の全文を読む

パナソニック電工が三井住友ファイナンスリース株式会社と協同で、初期投資なしで省エネ照明を設置できる「あかりEサポート」を開始する。初期投資のかかる照明のLED化の普及に役立つだろう。 記事の全文を読む

大手飲料各社がペットボトルの重量を軽量化した製品を発表している。おおよそ重量を30〜40%削減した物で、当然原材料の使用量が削減される。言うまでもなくペットボトルの材料は石油だ。今後このような製品が増えることを望む。 記事の全文を読む

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9

amazon.co.jpでお買い物


ないものはない!お買い物なら楽天市場

Powered by Movable Type 4.24-ja